咀嚼筋について

未分類
咀嚼筋(そしゃくきん)とはその名の通り咀嚼をする筋肉です。咀嚼とは、食べ物を歯で噛み砕いて、すり潰し、飲み込みやすくする作業になります。
咀嚼筋は咬筋(こうきん)、側頭筋(そくとうきん)、外側翼突筋(がいそくよくとつきん)、内側翼突筋(ないそくよくとつきん)の4つの筋肉からなります。
筋肉の働きとしては、下顎を上に引き上げる動きで咬筋、側頭筋、内側翼突筋が働きます。 また、下顎を前に出す動きで両側の外側翼突筋が働き、これを戻すときに側頭筋の後部繊維が働きます。
よく言う歯ぎしり、食いしばりはこの咀嚼筋が収縮し過ぎて緊張し固くなることで起こります。
この食いしばりの原因となる咀嚼筋を緩めほぐすコースが美zen筋骨トリートメントです。
また次回は歯ぎしりや食いしばりのことについて書きますね♪
タイトルとURLをコピーしました